料理を作り出すまでが、料理人の演出。演出の場だからこそ、キレイにしていたい。

店主・塚本孝啓 イメージ

「私にはこだわりがあります。」
素材に妥協せず、常にお客様の気持ちになって料理を作り続けています。料理を作り出すこと、それは料理人の演出であり、その演出を最高のものにするためには、いつも厨房をキレイしておくことが欠かせません。
己に対してもこだわりを持ち続ける、それが店主・塚本孝啓なのです。
厨房から聴こえてくる揚げる音、切る音、そして店主やスタッフの声…それら歯切れ良く明るい響きをBGMに、〈むさしや〉がお送りする演出に酔いしれてみてはいかがでしょう。

ソースは2種類、塩もあります。お好みの量でかけてください。

むさしや イメージ

こだわりぬいた〈むさしや〉のとんかつ。どう食べるかは、お客様しだいです。
ソースをたっぷりかけるのも良し、何もつけず肉の旨味だけを楽しむこともできます。その旨味をさらに引き立たせるために、塩をかけるのもオススメです。
塩をかけることによって旨味を引き出しますので、とんかつだけでなく、しゃぶしゃぶやサラダなど、“平牧三元豚”を使ったすべての料理に合います。
お酒も各種ご用意していますので、とんかつ+お酒という〈むさしや〉ならではの組み合わせも、ぜひご堪能ください。